HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
文学 >
先端倫理研究 : 熊本大学倫理学研究室紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
SR0003_042-056.pdf1791KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :生物の侵害刺激受容について
著者 :藤井, 可
刊行年月日 :2008-3
収録雑誌名 :先端倫理研究
巻 :3
開始ページ :42
終了ページ :56
要約(Abstract) :In 1979, International Association for the Study of Pain (IASP) defined pain as "an unpleasant sensory and emotional experience associated with actual or potential tissue damage, or described in terms of such damage." Generally, pains are regarded as special senses of human and other higher vertebrates. However, I think that pains are not special. All organisms have some nociceptor and abilitys to react to noxious stimulus. Algesthesia is a merely subtype of nociceptor equally.
収録種別 :紀要論文
出版社(者) :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/10671
出現コレクション:先端倫理研究 : 熊本大学倫理学研究室紀要
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/10671

 

熊本大学附属図書館電子情報担当