HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
文学 >
先端倫理研究 : 熊本大学倫理学研究室紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
SR0003_077-092.pdf2122KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :ハンセン病問題におけるデータベース構築に関する研究 : ハンセン病問題を次世代へ生かすための模索として
著者 :安陪, 愛
刊行年月日 :2008-3
収録雑誌名 :先端倫理研究
巻 :3
開始ページ :77
終了ページ :92
要約(Abstract) :本稿はまず、ハンセン病問題を理解・解決し、また次世代にそれらを生かすために、関連資料を収集・保存し活用することの意義と、そのために関連資料をデータベース化することの必要性を述べた。さらに、ハンセン病の啓発や施策調査、現物資料の収集・保存とデータベース構築に取り組んだ経験をもとに、その有効性や手法を報告すると同時に、データベース構築における問題点や課題について言及する。
収録種別 :紀要論文
出版社(者) :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/10676
出現コレクション:先端倫理研究 : 熊本大学倫理学研究室紀要
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/10676

 

熊本大学附属図書館電子情報担当