HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
文学 >
先端倫理研究 : 熊本大学倫理学研究室紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
SR0003_093-115.pdf2839KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :インフォームド・コンセント : アメリカにおけるその生成・発展および日本におけるその受容のあり方
著者 :上村, 建二朗
刊行年月日 :2008-3
収録雑誌名 :先端倫理研究
巻 :3
開始ページ :93
終了ページ :115
要約(Abstract) :本論文は、学術関係の著作等ばかりでなく、マスコミでも話題にされるようになったインフォームド・コンセント(以下「IC」ともいう。)について述べる。 もしこの文章が医療・看護・福祉の実務家の間で言及される -たとえ批判的にせよ- なら、これほど名誉なことはないと思っている(本論文は、平成19年度熊本大学法学研究科に提出した、筆者の修士論文の要約等である。)。
収録種別 :紀要論文
出版社(者) :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/10677
出現コレクション:先端倫理研究 : 熊本大学倫理学研究室紀要
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/10677

 

熊本大学附属図書館電子情報担当