HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
理学 >
発表論文(理学系) >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
0911-775X_12-066.pdf705KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :Flow Injection Analysis of Acid and Base using Thermo-Sensitive Resistance Coils
著者 :Toda, Kei
Iwata, Senju
Sanemasa, Isao
Deguchi, Toshio
刊行年月日 :1995-6
収録雑誌名 :Journal of Flow Injection Analysis
巻 :12
号 :1
開始ページ :66
終了ページ :76
要約(Abstract) :A flow injection analysis of acid-base by detecting neutralization heat is proposed. A injected sample (acid or base), combined with a carrier (deionized water), was mixed with a reagent (base or acid) stream. A change in the solution temperature was detected by passing the solution, immediately after mixing, through a stainless steel capillary tube around which a thermo-sensitive resistance was coiled. The temperature of carrier was used as a reference Hydrochloric acid solutions of 0.003 to 0.2M could be determined at a rate of 120 smples/h. Using this system, determination in weak-acid and weak-base system could also be performed. Thermo-sensitive resistances used in this work were completely free from corrosion, and effects of the ambient temperature and the sample diffusion in the detector were minimized.
<Japanese>【和文要旨】中和熱を利用した酸-塩基のフローインジェクション分析法を提唱する。注入された試料(酸または塩基)はキャリア(脱イオン水)によって流され、試薬(塩基または酸)と合流混合される。ミキシング直後の温度変化をステンレスチューブに巻いた感温抵抗体にて検出する。キャリアの温度を参照として用いた。0.003から0.2Mの塩酸溶液を120試料/時の速度で定量することが出来た。この方法を用いると弱酸-弱塩基の系でも分析が可能であった。感温抵抗体は腐食から完全に免れており、かつ環境温度の影響や検出部における試料の拡散が低減された。
URL :http://aitech.ac.jp/~jafia/japanese/index.html
収録種別 :雑誌掲載論文
出版社(者) :The Japanese Association for Flow Injection Analysis (JAFIA)
備考 :(社)日本分析化学会 フローインジェクション分析研究懇談会(JAFIA)
URI :http://hdl.handle.net/2298/11008
関連 :http://aitech.ac.jp/~jafia/
出現コレクション:発表論文(理学系)
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/11008

 

熊本大学附属図書館電子情報担当