HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Thesis or Dissertation >
null >
Graduate School of Science and Technology >
Doctor of Engineering >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
24-0370_1.pdf標題~第2章7796KbAdobe PDFView/Open
24-0370_2.pdf第3章~終章6504KbAdobe PDFView/Open
Title :超臨界二酸化炭素および亜臨界水を用いた和柑橘搾汁残渣部位からの有価物の回収および有価資源への転換
Authors :上野, 裕
Issue Date :25-Sep-2007
Abstract :近年、未利用バイオマスのエネルギー転換、マテリアル転換技術の開発が盛んに行われてきている。柑橘類の果汁搾汁後の残渣は大量に発生しており、これらの農作物の非食部の利用、とりわけマテリアル転換技術の開発が望まれている。超臨界流体は有機物の分解、有価物の分離抽出、ポリマー、エステルの合成反応まで幅広く利用されており、主に二酸化炭素や水を溶媒として用いることから、環境に優しい産業技術の開発には優れた能力を発揮すると考えられる。本研究ではこの超臨界流体技術を用いたユズ果汁搾汁残渣の有効利用法の確立を目指しており、超臨界二酸化炭素を用いた有価物の回収、さらにその残渣分の資源評価と、亜臨界水の特性を生かした有価物の分離法、また、有価物への転換を試み、回収物および残渣成分の資源評価を検討することを目的としている。
Type Local :博士論文
Publisher :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/11949
Appears in Collections:Doctor of Engineering
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/11949