HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Law >
Bulletin Paper (Law) >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
1341-4941v42(2)_093.pdf1032KbAdobe PDFView/Open
Title :ドイツにおける出向の法理論 : 出向先と労働者との法律関係に着目して
Authors :中内, 哲
Issue Date :30-Mar-1996
Citation jtitle :六甲台論集. 法学政治学篇
vol. :42
no. :2
start page :93
end page :104
Abstract :本稿は、解明すべき課題につき、わが国において今後さらに議論が深められる契機となるべく、出向関係における三当事者間の法律関係に関するドイツの判例・学説の議論を紹介することをその目的とする。なお、本稿はその検討対象を、出向先と労働者との法律関係に限定する。なぜなら、三者間の中でも当該両者間の法律関係に対する評価が、日独両国においてそれぞれ対立するからである。
Type Local :紀要論文
Publisher :神戸大学
Comment :中内哲:熊本大学法学部准教授
URI :http://hdl.handle.net/2298/13713
Appears in Collections:Bulletin Paper (Law)
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/13713