HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Law >
Kumamoto law review >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KLaw0118_426-369.pdf5395KbAdobe PDFView/Open
Title :社会転換期の中国における多元的紛争解決システムの構築とADRの可能性(2・完) : 各紛争処理手続の連携を図る「大調停」メカニズムの考察を兼ねて
Authors :葉, 陵陵
Issue Date :31-Oct-2009
Citation jtitle :熊本法学
vol. :118
start page :426
end page :369
Abstract :本稿では、中国におけるADRの可能性を分析するための参照的な視座として、日米におけるADRの発展史との比較検討を踏まえながら、中国調停制度の根幹をなす人民調停と法院調停に焦点を絞って、その歴史的な変遷を概観したうえ、調停制度の改革をめぐる近年の動向及び関連法制の整備、特に新たな多元的紛争解決方法として模索されている各紛争処理手続の横断的連携を図る「大調停」メカニズムの形成、仕組、運用の実態を取り上げて考察し、その特質及び残された課題などについて分析を加える。
Type Local :紀要論文
Publisher :熊本大学
Comment :(1)は、『熊本法学』第117号に掲載されています。関連(13254)を参照のこと。
URI :http://hdl.handle.net/2298/14194
Relation :http://hdl.handle.net/2298/13254
Appears in Collections:Kumamoto law review
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/14194