HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Thesis or Dissertation >
null >
Graduate School of Pharmaceutical Sciences >
Doctor of Pharmacy >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
23-188.pdf4510KbAdobe PDFView/Open
Title :シクロデキストリンpolypseudorotaxaneによるPEG化タンパク質持続放出システムの構築
Authors :東, 大志
Issue Date :25-Mar-2009
Abstract :In this study, the polypseudorotaxanes of PEGylated proteins such as insulin and lysozyme with α-CyD and γ-CyDs were prepared and evaluated them as a sustained release system.
本研究で対象とするシクロデキストリン (CyD) は PEG と難水溶性の包接複合体(polypseudorotaxane) を形成することが報告されているが、PEG 化タンパク質と CyD とのpolypseudorotaxane 形成およびそれらの医薬への応用に関する報告は皆無である。そこで本研究では、polypseudorotaxane 形成により PEG 化タンパク質の溶解性を制御し、持続性に優れるタンパク質製剤の構築を企図した。
Type Local :博士論文
Publisher :熊本大学
Comment :熊本大学大学院薬学教育部 生命薬科学専攻
URI :http://hdl.handle.net/2298/14323
Appears in Collections:Doctor of Pharmacy
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/14323