HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Medicine >
Bulletin of Kumamoto University, School of Health Sciences (Medicine) >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
MH0001_001-006.pdf554KbAdobe PDFView/Open
Title :古くて新しい問題 : 小児病棟における母親の付き添い問題
Authors :宮里, 邦子
Issue Date :10-Feb-2005
Citation jtitle :熊本大学医学部保健学科紀要
vol. :1
start page :1
end page :6
Abstract :わが国特有の付き添いの歴史を概観し、戦後、付き添いを廃止して「看護は看護婦(現在の看護師。平成14年に看護師に名称変更された。以下、看護師という。)の手で」というスローガンが掲げられてから実現するまでに、約50年もの歳月がかかった経緯を考える。また、小児看護における「付き添い」の意味を考え、付き添いの現状から問題点を明らかにし、今後の取り組みについて検討する。
Type Local :紀要論文
ISSN :18807151
Publisher :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/14990
Appears in Collections:Bulletin of Kumamoto University, School of Health Sciences (Medicine)
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/14990