HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Medicine >
Bulletin of Kumamoto University, School of Health Sciences (Medicine) >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
MH0004_137-143.pdf601KbAdobe PDFView/Open
Title :行動化を有する青年の家族・ケア提供者へのグループ・コンサルテーション事業とその評価
Authors :宇佐美, しおり
木原, 信市
服部, 新三郎
宮里, 邦子
樺島, 啓吉
矢野, 千里
宇野木, 照代
石原, 誠也
尾辻, 香
藤瀬, 昇
池上, 研
平田, 真一
兼田, 桂一郎
矢田部, 裕介
遊亀, 誠一
Issue Date :29-Feb-2008
Citation jtitle :熊本大学医学部保健学科紀要
vol. :4
start page :137
end page :143
Abstract :本研究は、行動化(言葉にできずに自傷や暴力など行動に表現すること)を有する青年にケア提供を行っている家族・看護者のストレス軽減を目的としたグループ・コンサルテーションを実施し、その活動の実態を記述し評価することを目的とした。
The purpose of this study was to describe the outcome of group consultation for caregivers who take care of patients act out at home and in the hospitals.
Type Local :紀要論文
ISSN :18807151
Publisher :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/15130
Appears in Collections:Bulletin of Kumamoto University, School of Health Sciences (Medicine)
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/15130