HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
法学 >
熊本法学 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KLaw0119_336-279.pdf3731KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :国際知的財産権侵害における暫定措置としての証拠保全序説 : 明細録取(saisie description)とTedesco事件法務官意見の検討を中心に
著者 :多田, 望
刊行年月日 :2010-3-20
収録雑誌名 :熊本法学
巻 :119
開始ページ :336
終了ページ :279
要約(Abstract) :本稿は、国際知的財産権侵害における証拠保全の注目度の高まりを背景に、EUにおける議論の動きをTedesco事件のKokott法務官意見を中心に検討するものである。
収録種別 :紀要論文
ISSN :04528204
出版社(者) :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/15431
出現コレクション:熊本法学
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/15431

 

熊本大学附属図書館電子情報担当