HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
文学 >
科研費報告(文学) >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
kaA17251007_201-218.pdf3644KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :ふたつの「琉球」 : 13・14世紀の東アジアにおける「琉球」認識
著者 :大田, 由紀夫
刊行年月日 :2009-3-31
収録雑誌名 :13~14世紀の琉球と福建
開始ページ :201
終了ページ :218
要約(Abstract) :曹・梁らの研究は、宋元期の「琉球」=台湾と捉える見解が優勢を占める現状のなか、乏しい関連史料の詳細な検討を通して、通説的理解では説明困難な要素が当時の「琉球」認識に含まれていたことを示唆する貴重なものである。本稿は、これらの先行研究の成果を踏まえ、13・14世紀に記された諸史料より窺える「琉球」認識について考察する。
収録種別 :研究報告書
出版社(者) :熊本大学
備考 :平成17~20年度科学研究費補助金基盤研究(A)(2)研究成果報告書「13~14世紀海上貿易からみた琉球国成立要因の実証的研究-中国福建省を中心に-」第4章 第4節 (著者:大田由紀夫[鹿児島大学 法文学部])
URI :http://hdl.handle.net/2298/16119
出現コレクション:科研費報告(文学)
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/16119

 

熊本大学附属図書館電子情報担当