HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
文学 >
科研費報告(文学) >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
kaA14201043_221-230.pdf870KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :マツノト遺跡第1文化層、用見崎遺跡3層、安良川遺跡の先後関係 : ヤコウガイデータ分析のための基礎作業として
著者 :木下, 尚子
刊行年月日 :2006-3-31
収録雑誌名 :先史琉球の生業と交易 -奄美・沖縄の発掘調査から-
巻 :2
開始ページ :221
終了ページ :230
要約(Abstract) :第6章第3節「ヤコウガイ交易の検証」において、わたしは兼久式土器期の三遺跡(マツノト遺跡第1文化層、用見崎遺跡3層、安良川遺跡)をとりあげて分析、検討した。しかし対象とした三遺跡の時期的な先後関係は、従前の土器編年研究において必ずしも明らかではなかったので、これを整理するために兼久式土器について若干の作業を行った。以下にその作業結果を示し、立論の根拠を明らかにしておきたいと思う。
収録種別 :研究報告書
出版社(者) :熊本大学
備考 :平成14~17年度科学研究費補助金基盤研究(A)(2)研究成果報告書「琉球列島の農耕社会形成過程の解明に向けた実証的研究-5~7世紀を中心に-」第6章 第2節 付論 
URI :http://hdl.handle.net/2298/16142
出現コレクション:科研費報告(文学)
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/16142

 

熊本大学附属図書館電子情報担当