HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
文学 >
先端倫理研究 : 熊本大学倫理学研究室紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
SR0005_091-109.pdf1672KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :遺伝子情報特許における利益配分の倫理 : 所有観念にもとづく考察
著者 :西田, 晃一
刊行年月日 :2010-3
収録雑誌名 :先端倫理研究
巻 :5
開始ページ :91
終了ページ :109
要約(Abstract) :本研究が最終目標とするのは政策につながりうる具体的な提言であるが、本論ではその第一歩として、所有論の観点から遺伝子情報の二つの所有形態について考察し、さらに所有主体の利益という観点から、遺伝子情報に関わる利益配分の根拠について考察することを目的とする。
The purpose of this paper is to consider two types of property in genetic information in terms of property theory, and valid profit distribution related to genetic information in terms of profit for owners. Two types of property are identity and possessions. While identity is irreplaceable, possessions are replaceable. In considering property of genetic information, I think that this distinction is important. In addition, genetic information has an aspect of common property of mankind. In conclusion, I think that valid profit distribution should be based on the idea of 'sharing of benefit'.
収録種別 :紀要論文
ISSN :18807879
出版社(者) :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/17049
出現コレクション:先端倫理研究 : 熊本大学倫理学研究室紀要
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/17049

 

熊本大学附属図書館電子情報担当