HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Thesis or Dissertation >
null >
Graduate School of Science and Technology >
Doctor of Philosophy >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
21-191.pdf5165KbAdobe PDFView/Open
Title :両親媒性L-グルタミン酸誘導体の自己組織化によるナノ構造の形成とキラリティー制御に関する研究
Authors :吉良, 佳子
Issue Date :25-Mar-2010
Abstract :本研究ではアミノ酸の中でも、化学修飾部位として1つのアミノ基と2つのカルボニル基を有するL-グルタミン酸に着目し、ω-アミノアルキル鎖を頭部に導入した二鎖型L-グルタミド誘導脂質を用いて、水系・非水系での優れた分散性とカイロオプティカル特性を有する分子ゲル化剤の創製を検討した。
Type Local :博士論文
Publisher :熊本大学
Comment :熊本大学大学院自然科学研究科 産業創造工学専攻
URI :http://hdl.handle.net/2298/17151
Appears in Collections:Doctor of Philosophy
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/17151