HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Medicine >
Presentation (Medicine) >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Tokyo_office20101211tomoda講演r.pdf218KbAdobe PDFView/Open
Tokyo_office20101211tomodaスライド1r.pdf6082KbAdobe PDFView/Open
Tokyo_office20101211tomodaスライド2r.pdf8105KbAdobe PDFView/Open
Tokyo_office20101211tomodaスライド3r.pdf8148KbAdobe PDFView/Open
Tokyo_office20101211tomodaスライド4r.pdf8756KbAdobe PDFView/Open
Title :いやされない傷 - 児童虐待と傷ついていく脳 -
Authors :友田, 明美
Issue Date :11-Dec-2010
Abstract :子どもの頃に受けた、身体の傷はいつか癒えたとしても、心に負った傷は、目に見えないところで子どもの人生を蝕んでいきます。  虐待された子どもの脳がいかに傷つき、どのような発達障害を起こすのかヒトの「こころ」の摩訶不思議な脳神経科学的な働きについて、米国ハーバード大学との共同研究によって明らかになってきたことを、虐待と脳発達の臨界(敏感)期の関係を含めてお話します。
URL :http://www.kumamoto-u.ac.jp/syakairenkei/sankangakurenkei/whatsnew/event/event1173.html
Type Local :発表資料
Publisher :熊本大学
Comment :熊本大学東京オフィスセミナー「いやされない傷~児童虐待と傷ついていく脳~」(日時:平成22年12月11日(土) 13:30開場 14:00開演 場所:キャンパスイノベーションセンター(CIC)1階 国際会議室(東京都港区芝浦3-3-6)
URI :http://hdl.handle.net/2298/17531
Appears in Collections:Presentation (Medicine)
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/17531