HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
医学 >
熊本大学医学部保健学科紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
MH0003-137-140.pdf635KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :小児股関節の片側完全脱臼におけるX線撮影
著者 :内田, 武博
島村, 正道
船間, 芳憲
上田, 新也
天野, 敏夫
刊行年月日 :2007-3-30
収録雑誌名 :熊本大学医学部保健学科紀要
巻 :3
開始ページ :137
終了ページ :140
要約(Abstract) :本研究は、小児股関節の片側完全脱臼の場合にも左右対称な骨盤像を得る目的で当施設が実際に行っている撮影法について検討したので報告する。
Hip radiography of children has been usually performed in supine position. However, the usual hip radiography in supine position cannot always obtain the image of a symmetrical pelvis in the case of unilateral congenital dislocation of the hip (CDH). Therefore, orthopedists cannot exactly diagnose dislocation of the hip or a dysplastic hip. For this reason, we examined the method to obtain the image of a symmetrical pelvis in the case of unilateral CDH. Our hip radiography in oblique position was carried out in the condition that 5 cm thick sponge was placed under a normal hip joint, and then the image of more symmetrical pelvis was obtained. In the case of unilateral CDH, our hip radiography in oblique position turned out to obtain an image of more symmetrical symmetrical pelvis than a usual hip radiography in supine position.
収録種別 :紀要論文
ISSN :18807151
出版社(者) :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/17780
出現コレクション:熊本大学医学部保健学科紀要
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/17780

 

熊本大学附属図書館電子情報担当