HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
センター等 >
発生医学研究所 >
科研費報告(発生研) >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KaC19590174.pdf511KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :内耳の領域化及び形態形成を制御する遺伝子の同定と機能解析
著者 :勝, 賢二郎
刊行年月日 :2010-5-31
要約(Abstract) :我々は分泌性因子DAN がニワトリ胚の耳胞の背側に発現し、内リンパ管・嚢の形成を制御することを明らかにしてきた。耳胞の領域化には、耳胞背側のDlx5,Gbx2を介する経路と、耳胞腹側のOtx2を介する経路が関与すると考えられており、これらがDAN発現を制御する可能性がある。これを検証するため、Dlx5,Gbx2,Otx2を耳胞に導入し、DANの発現変動を検討した。その結果、Gbx2とOtx2がDANの発現を抑制することが判った。Gbx2とDAN の発現領域は重複するため、DAN発現の活性化にはGbx2の効果を打ち消す作用をもつ因子が必要であることが示唆された。
DAN, a secreted molecule of DAN/Cerberus family, is expressed in the dorsal side of the otic vesicle of the chick embryo and regulates the formation of endolymphatic duct and sac. Otic vesicle is patterned by dorsal pathway through Dlx5 and Gbx2, and ventral pathway through Otx2. These two pathways might regulate expression of DAN in the otic vesicle. To test this possibility, we introduced exogenous Dlx5, Gbx2, and Otx2 into the otic vesicle and assessed the expression of DAN. We found that both Gbx2 and Otx2 suppressed DAN. These results suggest that activation of DAN expression requires a factor that cancels the effect of Gbx2 since the area of Gbx2 and DAN expression is largely overlapped in the developing otic vesicles.
収録種別 :研究報告書
出版社(者) :熊本大学
備考 :平成19~21年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書 課題番号:19590174
URI :http://hdl.handle.net/2298/17791
出現コレクション:科研費報告(発生研)
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/17791

 

熊本大学附属図書館電子情報担当