HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
医学 >
熊本大学医学部保健学科紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
MH0003_055-066.pdf1486KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :助産学生の分娩介助技術習得度についての考察 : 助産師の学生時代と現在における分娩介助技術自己評価の比較検討に基づいて
著者 :田島, 朝信
吉田, 佳代
坂梨, 京子
寺岡, 祥子
刊行年月日 :2007-3-30
収録雑誌名 :熊本大学医学部保健学科紀要
巻 :3
開始ページ :55
終了ページ :66
要約(Abstract) :今夏、卒業後から12年経過した助産師52名を助産業務年数別に4群に分類して、各群の助産師の分娩介助技術自己評価点数を、各々、助産学生当時の自己評価点数と比較検討することにより、昨今の助産学生の分娩介助技術習得度に関する諸問題について考察した。
Our results show that the present level of education, where only 10 cases of delivery assistance are supposed to be the students' requisites, is not enough, and that the present curricula of midwifery education need reformation and improvement.
収録種別 :紀要論文
ISSN :18807151
出版社(者) :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/17812
出現コレクション:熊本大学医学部保健学科紀要
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/17812

 

熊本大学附属図書館電子情報担当