HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
法学 >
熊本法学 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KLaw0121_226-162.pdf8231KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :市民の裁判参加に関する比較的考察(1) : アメリカ、日本及び中国を中心に
著者 :葉, 陵陵
刊行年月日 :2010-11-30
収録雑誌名 :熊本法学
巻 :121
開始ページ :226
終了ページ :162
要約(Abstract) :本稿は、それぞれ異なる文化と歴史的背景に根差した3カ国における市民の裁判参加制度を中心に、とりわけアメリカで無罪になったいくつかの陪審裁判事例を素材として、刑事陪審の仕組み、役割および評決基準、陪審裁判に少なからず影響を与えた法律以外の諸要因を踏まえたうえ、アメリカ社会における陪審制の究極的意義を探ると同時に、アメリカ陪審制との比較における日本の裁判員制度や、社会主義的な「人民司法」の理念に基づく中国の人民陪審員制度の特質、及びそれらの制度を取り巻く独自の歴史的、社会的、法文化的な諸要素についても比較的考察を加えることにより、政治体制や文化伝統を異にする国々における「裁判への市民参加」を実現する形態の多様性への理解を一層深めながら、当該分野の研究に新しい視点と示唆を与えようと試みるものである。
収録種別 :紀要論文
ISSN :04528204
出版社(者) :熊本大学
備考 :(2)は、『熊本法学』第123号に掲載されています。関連(21537)を参照のこと。
(3・完)は、『熊本法学』第126号に掲載されています。関連(26144)を参照のこと。
URI :http://hdl.handle.net/2298/18055
関連 :http://hdl.handle.net/2298/21537
http://hdl.handle.net/2298/26144
出現コレクション:熊本法学
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/18055

 

熊本大学附属図書館電子情報担当