HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
センター等 >
発生医学研究所 >
科研費報告(発生研) >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KaT17013071.pdf143KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :細胞核因子の修飾・制御異常による発がん機構
著者 :中尾, 光善
刊行年月日 :2010-5-10
要約(Abstract) :細胞核因子の修飾・制御を検討することで、発がんと細胞脱制御の分子機構を解析した。メチル化DNA 結合タンパク質MBD1 とその相互作用因子MCAF1 による転写調節、CTCF 依存性クロマチンインスレーターによる境界形成、HMGA タンパク質による細胞増殖と分化、核内タンパク質のSUMO 修飾、細胞核内構造、などの異常が発がん機構と悪性化に関わることを明らかにした。これらの知見は、癌診断と治療に大いに貢献すると考えられる。
This study focused on investigating the molecular basis of epigenetic cell deregulation in cancer, through analyzing the abnormalities of nuclear factors including methylated DNA binding protein MBD1 and its associated factor MCAF1, CTCF-mediated chromatin insulator, HMGA proteins, SUMOylation of nuclear proteins, and nuclear substructure. These findings strongly contribute to promoting cancer diagnosis and therapy.
収録種別 :研究報告書
出版社(者) :熊本大学
備考 :平成17~21年度科学研究費補助金(特定領域研究(計画研究))研究成果報告書 課題番号:17013071
URI :http://hdl.handle.net/2298/18098
出現コレクション:科研費報告(発生研)
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/18098

 

熊本大学附属図書館電子情報担当