HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Research Center >
Center for AIDS Research >
Technical Report (Center for AIDS Research) >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KaC19590479.pdf41KbAdobe PDFView/Open
Title :HLAアリル多型性とT細胞の抗ウイルス機能
Authors :上野, 貴将
Issue Date :30-Apr-2009
Abstract :HIV などヒトに慢性疾患を引き起こすウイルス感染症では、病態の進行がHLA アリルのハプロタイプと相関するが、その要因は明らかになっていない。本研究では、HLA アリル多型性がT細胞の抗ウイルス機能に与える役割と、ウイルス因子が獲得免疫応答に及ぼす影響を解析した。その結果、①HIV に対するCTL 免疫監視システムは、HIV-1 病原性因子であるNef の機能に著しい影響を与えること、②抗原ペプチド・MHC 複合体の安定性が、TCR による抗原認識を通じて、HIV 特異的CTL の抗ウイルス活性に大きく影響すること、の二点を明らかにした。
Type Local :研究報告書
Publisher :熊本大学
Comment :平成19~20年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書 課題番号:19590479
URI :http://hdl.handle.net/2298/18099
Appears in Collections:Technical Report (Center for AIDS Research)
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/18099