HOME   English    
登録数: 75


:
詳細検索


前ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 次ページ 

21 宣長は笑う : 「詞のいきほひ」から俗語訳の文体生成を探る / 塚本, 泰造 -- 熊本大学2012-2-10国語国文学研究 Vol.47 p.33-48 紀要論文
22 『看聞日記』に於ける「生涯」を含む熟語の意味 : 「及生涯」「懸生涯」「失生涯」「生涯谷」等の意味について / 堀畑, 正臣 -- 熊本大学2012-2-10国語国文学研究 Vol.47 p.1-16 紀要論文
23 菅原道真研究 : 『菅家後集』全注釈(二十三) / 焼山, 廣志 -- 熊本大学2012-2-10国語国文学研究 Vol.47 p.89-104 紀要論文
24 『太平広記』訳注 : 巻四百十九「龍」二(下) / 太平広記読書会 -- 熊本大学2011-2-10国語国文学研究 Vol.46 p.97-111 紀要論文
25 平安朝屏風歌詞書の叙述様式 : 動詞叙法、とりわけ助動詞「けり」の使用をめぐって / 坂田, 一浩 -- 熊本大学2011-2-10国語国文学研究 Vol.46 p.1-14 紀要論文
26 菅原道真研究 : 『菅家後集』全注釈(二十一) / 焼山, 廣志 -- 熊本大学2011-2-10国語国文学研究 Vol.46 p.79-96 紀要論文
27 「内在記憶」と「外来情報」 : 上代語助動詞「き」「けり」の意味領域に関して / 坂田, 一浩 -- 熊本大学2010-2-28国語国文学研究 Vol.45 p.44-57 紀要論文
28 菅原道真研究 : 『菅家後集』全注釈(十九) / 焼山, 廣志 -- 熊本大学2010-2-28国語国文学研究 Vol.45 p.58-77 紀要論文
29 『太平広記』訳注 : 巻四百十九「龍」二(上) / 太平広記読書会 -- 熊本大学2010-2-28国語国文学研究 Vol.45 p.78-96 紀要論文
30 「めのまへ性」という観点の導入による、古代語助動詞の分類に関する位置卑見 / 坂田, 一浩 -- 熊本大学2009-2-28国語国文学研究 Vol.44 p.53-65 紀要論文

前ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 次ページ 


 

熊本大学附属図書館電子情報担当