HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Technology >
Bulletin Paper (Technology) >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
EK0048_339-353.pdf1483KbAdobe PDFView/Open
Title :垂直細管内気液二相流における液相粘度と管内径の影響
Authors :坪根, 弘明
成安, 弘樹
川原, 顕磨呂
佐田富, 道雄
Issue Date :30-Nov-1999
Citation jtitle :熊本大学工学部研究報告
vol. :48
no. :2
start page :339
end page :353
Abstract :本研究では、MFと空気の二相流動特性を精度良く表せる予測式の開発に必要な、高精度かつ広範囲な実験情報を採取することを目的として、強制循環系の実験装置を製作し、実験を行った。そして、液体粘度と管内径が垂直細管内気液二相流の流動特性(流動様式、ボイド率、摩擦損失)に及ぼす影響を調査し、それらの実験結果と一般に広く使用されている予測式による計算値との比較を行い、それらの式との適合性について検討を行った。その結果を報告する。
Type Local :紀要論文
ISSN :00235296
Publisher :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/19160
Appears in Collections:Bulletin Paper (Technology)
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/19160