HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
理学 >
科研費報告(理学系) >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KaB18370025.pdf50KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :精子分化における新規パラクリン因子ニューレギュリンの機能
著者 :安部, 眞一
刊行年月日 :2009-5-29
要約(Abstract) :イモリ精巣と生後マウス精巣の培養系を用いてneuregulin(NRG)1やretinoic acid (RA)の減数分裂開始に対する作用を解析した。NRG1やRAはイモリやマウス精原細胞の増殖を直接促進する一方、セルトリ細胞を介して間接的に減数分裂を開始させること、NRG1はRAの下流で働くことが分かった。またプロラクチンによるイモリ精原細胞のアポトーシス誘起機構は、RNA結合タンパク質を介することによる。
収録種別 :研究報告書
出版社(者) :熊本大学
備考 :平成18~20年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書 課題番号:18370025
URI :http://hdl.handle.net/2298/19382
出現コレクション:科研費報告(理学系)
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/19382

 

熊本大学附属図書館電子情報担当