HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
博士(学位)論文 >
課程博士(甲) >
医学教育部 >
博論甲医(医学) >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
22-1779.pdf1365KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :進行性核上性麻痺の精神症状・行動障害
著者 :矢田部, 裕介
刊行年月日 :2011-3-25
要約(Abstract) :進行性核上性麻痺(PSP)は核上性眼球運動障害、姿勢不安定性、無動、その他のパーキンソニズムを特徴とする神経変性疾患である。PSPは前頭-皮質下回路の損傷の結果、二次的に起こる前頭葉機能障害によりしばしば多彩な認知症症状を呈する。一方、前頭側頭型認知症(FTD)でも前頭葉機能障害による特徴的な症候がみられ、PSPとFTDは臨床症候のみならず、病理学的背景にもオーバーラップがみられる。しかし、両疾患の精神症状・行動障害を直接比較した研究や、FTDに特徴的とされる常同行動や反社会的行動をPSPで調べた研究はない。本研究では、PSPの精神症状・行動障害を系統的かつ包括的に調査し、FTDと比較することを目的とした。
収録種別 :博士論文
出版社(者) :熊本大学
備考 :熊本大学大学院医学教育部 臨床医科学専攻
URI :http://hdl.handle.net/2298/21682
出現コレクション:博論甲医(医学)
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/21682

 

熊本大学附属図書館電子情報担当