HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
博士(学位)論文 >
課程博士(甲) >
医学教育部 >
博論甲医(医学) >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
22-1756.pdf929KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :白血病におけるTIS11D/ZFP36L2遺伝子変異の検討
著者 :岩永, 栄作
刊行年月日 :2010-3-25
要約(Abstract) :TIS11DはAU-rich element binding proteinと呼ばれるRNA結合タンパクのひとつでありRNAの安定性の制御や二次造血に関与している。造血にかかわる遺伝子が傷害されると白血病やリンパ腫を生じるがTID11Dと造血器悪性腫瘍の関連はまだ明らかではない。今回我々はTIS11Dの変異が白血病に存在するかどうかを調べ、さらに機能解析を行うことによってTIS11Dがいかにして白血病の発症に関わっているか解明することを目的とした。
収録種別 :博士論文
出版社(者) :熊本大学
備考 :熊本大学大学院医学教育部 臨床医科学専攻
URI :http://hdl.handle.net/2298/21742
出現コレクション:博論甲医(医学)
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/21742

 

熊本大学附属図書館電子情報担当