HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
博士(学位)論文 >
課程博士(甲) >
医学教育部 >
博論甲医(医学) >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
22-1758.pdf2969KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :肝内胆管癌と肝星細胞の相互作用に関する研究
著者 :岡部, 弘尚
刊行年月日 :2010-3-25
要約(Abstract) :腫瘍間質のmyofibroblastまたはCancer associated fibroblasts(CAF)は、腫瘍の増殖・浸潤・転移・血管新生を促進させ、癌に治療標的としての研究が進められている。膵癌では、膵星細胞は癌間質において活性化し、myofibroblastへと分化し、癌の進行に関与することが知られているが、肝星細胞の肝癌、特に肝内胆管癌(ICC)における存在やその意義は未だ明らかでない。ICCにおけるmyofibroblastの関連性、肝星細胞の存在を調べ、in vitro, in vivoにおける胆管癌と肝星細胞の関連性とその相互作用に関わる因子を検索した。
収録種別 :博士論文
出版社(者) :熊本大学
備考 :熊本大学大学院医学教育部 臨床医科学専攻
URI :http://hdl.handle.net/2298/21744
出現コレクション:博論甲医(医学)
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/21744

 

熊本大学附属図書館電子情報担当