HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Thesis or Dissertation >
null >
Graduate School of Pharmaceutical Sciences >
Doctor of Pharmacy >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
23-0194.pdf643KbAdobe PDFView/Open
Title :気道炎症および気道粘液の産生亢進に対するグリチルリチンの抑制作用とその分子薬理学的特性に関する研究
Authors :西本, 裕樹
Issue Date :25-Mar-2010
Abstract :本研究では、GLをステロイドに代わる呼吸器疾患治療の選択肢とするために、まず、ステロイドが持つ気道炎症および粘液産生への抑制作用をGLが示すが否かを検討した。また、GLがステロイドとは異なる作用を示すか否かおよびGLの作用機序解明のため、気道炎症に対するGLとステロイドの作用特性の比較を行った。まず、気道炎症および粘液産生亢進に対するGlの作用について、in vivo 実験によりLPS気管内投与によって作成した気道炎症モデルおよびIL-4の気管内投与により作成した粘液産生亢進モデルを用いて検討した。また、第4章ではヒト気道上皮細胞株に誘導した粘液産生に対するGLの作用について検討した。さらに第5章では、LPSによって惹起した気道炎症モデルを用いてGLとステロイドの遺伝子発現調節作用の相違の検討およびGLの新規作用の探索をマイクロアレイ解析法により網羅的に行った。
Type Local :博士論文
Publisher :熊本大学
Comment :熊本大学大学院薬学教育部 分子機能薬学専攻
URI :http://hdl.handle.net/2298/22101
Appears in Collections:Doctor of Pharmacy
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/22101