HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Thesis or Dissertation >
null >
Graduate School of Pharmaceutical Sciences >
Doctor of Pharmacy >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
23-0198.pdf853KbAdobe PDFView/Open
Title :経口HIVワクチン開発に関する薬学生化学的基礎研究
Authors :増山, 光明
Issue Date :25-Mar-2009
Abstract :本研究では、M細胞を標的とする低分子化合物としてtetragalloyl-D-lysine dendrimer(TGDK)を合成し、TGDKのM細胞への標的能をin vitroヒトM細胞様モデル及びアカゲザルを用いたin vivo霊長類モデルを用いて評価した。さらに、実際にTGDKの経口ワクチン開発における応用を考慮し、polyethylene glycol(PEG)骨格を中心としたHub-Antigenに、アカゲザルCCR5の細胞外ドメインをミミックした環状ペプチド(rcDDR5)、SIVmac239の外被糖タンパク質由来のgp140、アジュバントとしてTLR9のリガンドであるCpG-ODNならびにエスコートタンパク質としてBSAをコンジュゲートしたワクチン抗原にTGDKを結合させ、アカゲザルへ経口投与し、アカゲザルの粘膜免疫の誘導ならびに感染阻害能を検討した。
Type Local :博士論文
Publisher :熊本大学
Comment :熊本大学大学院薬学教育部 生命薬科学専攻
URI :http://hdl.handle.net/2298/22102
Appears in Collections:Doctor of Pharmacy
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/22102