HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Thesis or Dissertation >
null >
Graduate School of Pharmaceutical Sciences >
Doctor of Pharmacy >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
23-0204.pdf1743KbAdobe PDFView/Open
Title :最適化した低電圧パルス電流の生体適応応答における分子機構の解明及び新規膵β細胞分化誘導法への応用
Authors :矢野, 脩一朗
Issue Date :25-Mar-2011
Abstract :極めて低強度の電流刺激は、古くから民間療法として用いられてきた。様々な疾患改善に有用であることが確認されているが、その作用機序について科学的検証はほとんど行われておらず、効果が疑問視されている現状にある。また、これまでに本研究室においても最適化した低電圧パルス電流(MES)と温熱の併用処理(MET処理)は、糖尿病病態改善効果及び予防効果、内臓脂肪の減少、脂肪肝の抑制、さらに肝虚血再灌流障害の軽減や胃潰瘍予防にも顕著な作用を示すことを確認しているが、作用メカニズムについては十分な理解は得られていない。そこで、これまでに得られている知見をもとにphosphatidylinositol-3-kinase(PI-3K)/Aktシグナル及びミトコンドリアを介したシグナルに着目し、MES処理の作用機構解明を行った。
Type Local :博士論文
Publisher :熊本大学
Comment :熊本大学大学院薬学教育部 分子機能薬学専攻
URI :http://hdl.handle.net/2298/22104
Appears in Collections:Doctor of Pharmacy
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/22104