HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Thesis or Dissertation >
null >
Graduate School of Pharmaceutical Sciences >
Doctor of Pharmacy >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
23-0212.pdf7297KbAdobe PDFView/Open
Title :GIRKチャネル作用物質の難治性脳疾患治療薬としての開発研究 : 新規創薬パラダイムを念頭において
Authors :本田, 宗吉
Issue Date :25-Mar-2011
Abstract :本研究では、GIRKチャネルを標的としたネットワーク制御型の創薬の実現を究極の目的として,第一に,ある程度限局したネットワークの破綻が病態のひとつとされている強迫性障害に対するGIRKチャネル抑制作用薬tipepidineの効果についてモデル動物を用いて調べた.第二に,強迫性障害を悪化させることが知られている覚醒剤がGIRKチャネルの発現に与える影響についても検討した.最後にtipepidineの効果が真にGIRKチャネル抑制作用を介したものであるのかを明らかにするべく,GIRKチャネルコンディショナルノックアウトマウスの作出を試みた.
Type Local :博士論文
Publisher :熊本大学
Comment :熊本大学大学院薬学教育部 生命薬科学専攻
URI :http://hdl.handle.net/2298/22108
Appears in Collections:Doctor of Pharmacy
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/22108