HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Thesis or Dissertation >
null >
Graduate School of Pharmaceutical Sciences >
Doctor of Pharmacy >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
23-0211.pdf6281KbAdobe PDFView/Open
Title :炎症性腸疾患に対するレシチン化SODの効果
Authors :石原, 知明
Issue Date :25-Mar-2011
Abstract :本博士論文研究においてマウスにDSS腸炎モデルを作製し、PC-SODとU-SODの薬理効果を比較した。その結果、PC-SODはU-SODに比べて30倍以上の腸炎抑制活性を示すことを示唆した。また、in vivoにおける電子スピン共鳴(Electron spin resonance; ESR)の結果から、PC-SODがDSS投与による腸内の増加を抑制していることを見いだした。さらに、高用量のPC-SODによって、腸内に過剰量の過酸化水素が蓄積されることにより、Bell-shaped現象が発現することを示唆した。さらに、UC患者のQOLを劇的に改善することが可能となる、PC-SODの間歇投与または経口投与が臨床治療に応用可能であることを示唆したので、これらの結果について述べる。
Type Local :博士論文
Publisher :熊本大学
Comment :熊本大学大学院薬学教育部 分子機能薬学専攻
URI :http://hdl.handle.net/2298/22109
Appears in Collections:Doctor of Pharmacy
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/22109