HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Thesis or Dissertation >
null >
Graduate School of Pharmaceutical Sciences >
Doctor of Pharmacy >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
23-0215.pdf2579KbAdobe PDFView/Open
Title :慢性骨髄性白血病治療薬imatinibの抵抗性獲得機序に関する薬物動態・分子薬理学的研究
Authors :南部, 健
Issue Date :25-Mar-2011
Abstract :慢性骨髄性白血病(CML)は、9番染色体と22番染色体の相互転座によって生じるフィラデルフィア染色体を成因とする造血器腫瘍であり、本染色体上に形成された融合遺伝子の転写産物であるBCR-ABLが恒常的に活性化することで発症する。CML治療の第一選択薬であるimatinib mesylate(以下imatinib)はBCR-ABLのリン酸化酵素活性を阻害する分子標的薬であり、高い有効性が知られている。一方、一部の患者において初期抵抗や抵抗性獲得が認められることが明らかにされている。これまでにBCR-ABL依存性、非依存性のimatinib抵抗性獲得機構が提唱されているが、現在既知の抵抗性機序では説明ができない症例の存在が示唆されており、抵抗性機序の全容解明が緊要課題となっている。そこで本研究では、薬物動態学及び分子薬理学に基づいたimatinib抵抗性獲得機序の究明を行った。
Type Local :博士論文
Publisher :熊本大学
Comment :熊本大学大学院薬学教育部 生命薬科学専攻
URI :http://hdl.handle.net/2298/22121
Appears in Collections:Doctor of Pharmacy
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/22121