HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Thesis or Dissertation >
null >
Graduate School of Pharmaceutical Sciences >
Doctor of Pharmacy >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
23-0218.pdf1552KbAdobe PDFView/Open
Title :シクロデキストリン包接による抗ヒスタミン薬およびアルンド酸の苦味マスキングに関する研究
Authors :宮本, 祐司
Issue Date :25-Sep-2010
Abstract :本研究では、CyDsのゲスト分子との複合体形成に伴う化学的苦味マスキング機能に着目して、苦味を有する塩基性および酸性薬物の苦味マスキングに関する研究を実施した。第1章では、塩基性薬物であり苦味を有する抗ヒスタミン薬を対象とし、親水性CyDsによる苦味マスキングおよびその機構解明を企図した。すなわち5種類の抗ヒスタミン薬とCyDsとの相互作用、味センサを用いた苦味の定量的評価、複合体形成による苦味変化の官能試験の検討を行った。第2章では、親水性CyDsによる酸性薬物であるアルンド酸の溶解性、苦味・刺激性などの製剤特性改善を企図して検討を行った。
Type Local :博士論文
Publisher :熊本大学
Comment :熊本大学大学院薬学教育部 生命薬科学専攻
URI :http://hdl.handle.net/2298/22141
Appears in Collections:Doctor of Pharmacy
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/22141