HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Thesis or Dissertation >
null >
Graduate School of Pharmaceutical Sciences >
Doctor of Pharmacy >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
23-0208.pdf2880KbAdobe PDFView/Open
Title :新規Lewis塩基触媒キラルジニトロンの開発と不斉反応への応用
Authors :呉, 英先
Issue Date :25-Mar-2011
Abstract :筆者はこれまで触媒として利用されてこなかったニトロンに注目し、キラルなジニトロン触媒を設計し高収率で合成した。また、これをLewis塩基触媒として不斉アリル化反応や不斉還元的アリドール反応に適用したところ、良好な化学収率や立体選択性が得られることを明らかにした。本触媒は構造を容易に修飾できるため、今後さらに様々な反応に適用することが可能である。
Type Local :博士論文
Publisher :熊本大学
Comment :熊本大学大学院薬学教育部 分子機能薬学専攻
URI :http://hdl.handle.net/2298/22163
Appears in Collections:Doctor of Pharmacy
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/22163