HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
法学 >
熊本法学 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KLaw114_001-036.pdf4104KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :著作権をみる憲法学の視点について
著者 :大日方, 信春
刊行年月日 :2008-6-30
収録雑誌名 :熊本法学
巻 :114
開始ページ :1
終了ページ :36
要約(Abstract) :著作権法は、国家が、具体的には議会が憲法四一条権限により「著作権の利益と利用者の利益を衡量したうえでそのバランスを図る」ために制定した法である。したがって著作権法は、相対する利益を国家が立法という手段で調整したもの、と理解することができるであろう。また著作権侵害に与えられる司法的救済は、相対する利益を国家が司法という手段で調整したもの、と理解できるであろう。このように国家が立法なり司法なりを通して相対立する法益の調整に出ているとき、そこに憲法学の課題が顕在化する。われわれはこの国家行為が適正であるか否か、常に査定しなければならないであろう。これが著作権と表現の自由の間隙にある法理論を憲法学が分析するときの視点である。
収録種別 :紀要論文
ISSN :04528204
出版社(者) :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/22742
出現コレクション:熊本法学
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/22742

 

熊本大学附属図書館電子情報担当