HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
センター等 >
国際化推進センター >
国際化推進センター紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KSC0003_063-075.pdf1878KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :曖昧な「ちょっと・・・」は丁寧か? : 言わないことと聞き手の負荷をめぐって
著者 :マスデン, 眞理子
刊行年月日 :2012-3-31
収録雑誌名 :熊本大学国際化推進センター紀要
巻 :3
開始ページ :63
終了ページ :75
要約(Abstract) :「ちょっと・・・」はソフトで手軽な断りとして日常で頻繁に使われている。しかし、「ちょっと・・・」は敬遠を意味すうることもあるため、相手や場面をわきまえなく「ちょっと・・・」を多用すると否定的な印象を与えかねない。本稿では、まず諸刃の剣である「ちょっと・・・」が日本語初級テキストでどのように教えられているかを見ながら、安易な導入の危険性を指摘する。次に、話し手の発話責任と聞き手の負荷という視点から、「ちょっと・・・」が発話責任を回避することにも触れ、「思いやりの『ちょっと・・・』」と、「逃げの『ちょっと・・・』」の上手な使い分けを提案する。
収録種別 :紀要論文
ISSN :18849008
出版社(者) :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/24645
出現コレクション:国際化推進センター紀要
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/24645

 

熊本大学附属図書館電子情報担当