HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
文学 >
先端倫理研究 : 熊本大学倫理学研究室紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
SR0006_036-048.pdf904KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :乳飲み子の倫理と未来世代への責任
著者 :清水, 俊
刊行年月日 :2012-3
収録雑誌名 :先端倫理研究
巻 :6
開始ページ :36
終了ページ :48
要約(Abstract) :Hans Jonas suggests about a concept called the ethics of the newborn in The Imperative of Ethics. He insists taking care of the newborn is the archetype of responsibility, and we can develop ethics of the newborn into ethics of the future. However future generations don’t respond to our act directly. We need to reduce the personal responsibility to fulfill our responsibilities for future generations. How to practice the responsibility for future generations will be the assignment for us.
収録種別 :紀要論文
ISSN :18807879
出版社(者) :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/25603
出現コレクション:先端倫理研究 : 熊本大学倫理学研究室紀要
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/25603

 

熊本大学附属図書館電子情報担当