HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
文学 >
先端倫理研究 : 熊本大学倫理学研究室紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
SR0006_083-100.pdf1610KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :作業療法における「医師の指示」に関する倫理的ディレンマと倫理教育の必要性
著者 :山野, 克明
刊行年月日 :2012-3
収録雑誌名 :先端倫理研究
巻 :6
開始ページ :83
終了ページ :100
要約(Abstract) :The Purpose of this study is to ascertain “Why occupational therapists justify the infringement of a client’s autonomy by reason of physiatrist’s prescription." Occupational therapists are professionals which play a role in medical rehabilitation, and they are in position to obtain informed consent from clients directly. However, the motive to give priority to job execution responsibility based on the physiatrist’s prescriptions is a course of duty that takes precedence over the client’s autonomy. This study will consider what measures occupational therapists take to advocate clients' autonomy. We think an ethics education which aims to improve problem-solving capability for dilemmas is required in order that occupational therapists may protect the autonomous respect of clients and may promote independence as professionals.
本稿の目的は「なぜ作業療法士が“医師の指示”を理由にクライエントに対する自律性の侵害を正当化しようとするのか」に対する回答を見出すことである。作業療法士はリハビリテーション医療の一翼を担う専門職である。しかし、作業療法士には、クライエントの自律性よりも、医師への処方に基づく職務遂行責任を優先しようという動機が存在している。作業療法士がクライエントの自律性を擁護し、専門職としての主体性を促進するために必要なことは、専門職としてのディレンマを自ら解決できるための問題解決能力の向上を目的とした倫理教育であると考える
収録種別 :紀要論文
ISSN :18807879
出版社(者) :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/25606
出現コレクション:先端倫理研究 : 熊本大学倫理学研究室紀要
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/25606

 

熊本大学附属図書館電子情報担当