HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
文学 >
文学部論叢 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
BR0029_028-049.pdf1928KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :参勤交代の制度化についての一考察: 寛永武家諸法度と細川氏
著者 :吉村, 豊雄
刊行年月日 :1989-3-20
収録雑誌名 :
巻 :29(史学篇)
開始ページ :28-49
終了ページ :28-49
要約(Abstract) :小稿の課題は、端的にいえば、大名の参勤交代を規定した寛永武家諸法度第二条が、実は肥後熊本藩主細川忠利が提示した意見(献策)を相当に組み込む形で審議・制定されたのではないか、この知られざる事実とその政治的意義を明らかにすることにある。
収録種別 :紀要論文
ISSN :0388-7073
出版社(者) :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/2729
出現コレクション:文学部論叢
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/2729

 

熊本大学附属図書館電子情報担当