HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Graduate School of Social and Cultural Sciences >
Journal Article (Social and Cultural Sciences) >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
JSET0032_157-168.pdf1413KbAdobe PDFView/Open
Title :複数の制御構造の適用と学習のための統合型ドリルシェル「ドリルエ房」の開発
Authors :市川, 尚
高橋, 暁子
鈴木, 克明
Issue Date :20-Oct-2008
Citation jtitle :日本教育工学会論文誌
vol. :32
no. :2
start page :157
end page :168
Abstract :本研究では,eラーニングにおけるドリル型教材の作成支援を目的として,統合型ドリルシェル「ドリルエ房」を開発した。これまでにインストラクショナルデザインの分野で提案されてきた複数のドリル制御構造を本システム上に統合し,簡単にドリルを開発できるようにした。また,ドリル制御構造を作成者が学習できるように教材を用意し,可視化モードとしてドリル実行中にアイテムの状態遷移がわかるようにした。さらにドリル制御構造を制御要素の組み合わせとして整理することで,各ドリル制御構造の違いを明確にしてわかりやすくするだけでなく,制御構造自体のカスタマイズも可能にした。評価の結果,ドリルは簡単に作成できたこと,ドリル制御構造を学習できたことは確認されたが,いくつか課題も残った。
Type Local :雑誌掲載論文
ISSN :13498290
Publisher :日本教育工学会
Rights :日本教育工学会
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
URI :http://hdl.handle.net/2298/31063
Relation :http://ci.nii.ac.jp/naid/110006967140
Appears in Collections:Journal Article (Social and Cultural Sciences)
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/31063