HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Law >
Kumamoto law review >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KLaw0131_185-195.pdf1452KbAdobe PDFView/Open
Title :ヨアヒム バウアー(Joachim Bauer) 「少年の攻撃や暴力の予防 : 司法は脳に関する研究から何を学びうるのか?」
Authors :岡田, 行雄
Bauer, Joachim
Issue Date :28-Aug-2014
Citation jtitle :熊本法学
vol. :131
start page :185
end page :195
Abstract :以下の小論は、司法が、攻撃や暴力の予防をテーマとする、近時の脳に関する研究から何を学ぶことができるかを示そうとするものである。
Type Local :紀要論文
ISSN :04528204
Publisher :熊本大学
Comment :翻訳
URI :http://hdl.handle.net/2298/31125
Appears in Collections:Kumamoto law review
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/31125