HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Education >
Memoirs of the Faculty of Education, Kumamoto University >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KKK0063_001-007.pdf1815KbAdobe PDFView/Open
Title :新美南吉「あめ玉」のクライマックスに関する二つの捉え方
Authors :跡上, 史郎
Issue Date :12-Dec-2014
Citation jtitle :熊本大学教育学部紀要
vol. :63
start page :1
end page :7
Abstract :文学的文章におけるクライマックスは,言語表現の規則体系により自覚的に修辞学的に捉えられるべきなのか,あるいは授業においては,一般的な意味合いで捉えておくべきなのか.本稿は,この両者の対立をどのように解決すべきかという問題について考察する.
Type Local :紀要論文
ISSN :21881871
Publisher :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/31602
Appears in Collections:Memoirs of the Faculty of Education, Kumamoto University
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/31602