HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
教育学 >
熊本大学教育学部紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KKK0063_001-007.pdf1815KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :新美南吉「あめ玉」のクライマックスに関する二つの捉え方
著者 :跡上, 史郎
刊行年月日 :2014-12-12
収録雑誌名 :熊本大学教育学部紀要
巻 :63
開始ページ :1
終了ページ :7
要約(Abstract) :文学的文章におけるクライマックスは,言語表現の規則体系により自覚的に修辞学的に捉えられるべきなのか,あるいは授業においては,一般的な意味合いで捉えておくべきなのか.本稿は,この両者の対立をどのように解決すべきかという問題について考察する.
収録種別 :紀要論文
ISSN :21881871
出版社(者) :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/31602
出現コレクション:熊本大学教育学部紀要
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/31602

 

熊本大学附属図書館電子情報担当