HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Law >
Bulletin Paper (Law) >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
LawK0009_071-091.pdf2776KbAdobe PDFView/Open
Title :ヴィクトーリア・ハルシャーギ(著)「流されるか,それとも流れに逆らうか」 : ハンガリー民事訴訟法への異なった法文化の影響
Authors :河野, 憲一郎
Harsági, Viktória
Issue Date :30-Sep-2014
Citation jtitle :熊本ロージャーナル
vol. :9
start page :71
end page :91
Abstract :本稿は、Viktória Harsági,《DOWNSTREAM OR UP THE STREAM》:INFLUENCE OF DIFFERENT LEGAL CULTURES ON HUNGARIAN CIVIL PROCEDURE LAW, in Dmitry Maleshin (ed.) CIVIL PROCEDURE IN CROSSCULTURAL DIALOGUE : EURASIA CONTEXT, 2012, PP. 277-290の全訳であり、原論文は、2012年9月18-21日に開催された世界訴訟法会議 (International Association of Procedural Law; IAPL) モスクワ大会におけるハンガリーのナショナル・レポートとして報告されたものである (同大会については、大村雅彦「<海外学会事情>国際訴訟法学会2012年モスクワ大会について」民事訴訟雑誌59号 (2013年) 290頁の報告記事がある)。
Type Local :紀要論文
Publisher :熊本大学
Comment :【著者所属】熊本大学大学院法曹養成研究科
【翻訳】
URI :http://hdl.handle.net/2298/31844
Appears in Collections:Bulletin Paper (Law)
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/31844