HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
文学 >
ありあけ : 熊本大学言語学論集 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KG0001_103-176.pdf3859KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :ブクス語動詞アクセント試論
著者 :湯川, 恭敏
刊行年月日 :2002-3-10
収録雑誌名 :ありあけ 熊本大学言語学論集
巻 :1
開始ページ :103
終了ページ :176
要約(Abstract) :ブクス語(lúúbukusu)というのは、ケニアの西部、ウガンダとの国境に近い地域に話されるルヤ諸語の一つであるが、ブクス族はルヤ族地域の北端に居住し、その言語は他のルヤ諸語に類似するとともに、ウガンダの隣接地域に話されるギス語とも類似している。個々の活用形だけを見るだけなら、アクセントの決定のされ方がかなり規則的に思われるが、全体を通じて一貫した規則があるかというとそうは思えない。前方の接辞のアクセントの影響で一方から他方が生み出されるという解釈が妥当性のあるものとしては困難である。この点だけからいっても、この言語の動詞アクセントは完全に規則的には決定されていないといえる。
収録種別 :紀要論文
出版社(者) :熊本大学文学部言語学研究室
URI :http://hdl.handle.net/2298/31963
出現コレクション:ありあけ : 熊本大学言語学論集
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/31963

 

熊本大学附属図書館電子情報担当