HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
文学 >
ありあけ : 熊本大学言語学論集 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KG0003_001-042.pdf3609KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :ンジク語動詞アクセント試論
著者 :湯川, 恭敏
刊行年月日 :2004-2-29
収録雑誌名 :ありあけ 熊本大学言語学論集
巻 :3
開始ページ :1
終了ページ :42
要約(Abstract) :ンジク語(ndjikú)というのは、コンゴ共和国の首都ブラザビル(Brazzaville)の北北東200kmのジャンバラ(Djambala)周辺に話されるバントゥ系の言語であり、テケ語(itéke.ンジク語ではitíoと呼ぶ。eke が io に変わるという、やや奇妙な音韻変化の結果である)の一方言である。この言語の動詞アクセント自体はさほど複雑とは思えないが、音素、特に母音音素に関する分析がむずかしく、かなり「とっつきにくい」言語である。その主たる理由は、バントゥ祖語の頃の形から、どうしてこんな変化が生じたのだろうと思われるような、奇妙で大きな音韻変化が起こっていることによる。こうしたことは、コンゴ語以外のコンゴ共和国やガボン、カメルーンのバントゥ諸語の大半についていえる。
収録種別 :紀要論文
出版社(者) :熊本大学文学部言語学研究室
URI :http://hdl.handle.net/2298/32001
出現コレクション:ありあけ : 熊本大学言語学論集
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/32001

 

熊本大学附属図書館電子情報担当