HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Letters >
Ariake : Kumamoto University linguistic papers >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KG0003_077-132.pdf5490KbAdobe PDFView/Open
Title :ギス語動詞アクセント試論
Authors :湯川, 恭敏
Issue Date :29-Feb-2004
Citation jtitle :ありあけ 熊本大学言語学論集
vol. :3
start page :77
end page :132
Abstract :ギス語(lúgísu)というのは、ウガンダの東端、ケニアとの国境に近い地域(エルゴン山の西側)に話されるバントゥ系言語の一つであり、ケニアの西端に話されるブクス語に類似している。ブクス語はルヤ諸語の一つなので、当然他のルヤ諸語ともやや類似している。今回の調査で収集したこの言語の動詞の、アクセントの点では極端にぶれるデータに基づく、そのアクセントの、現時点でできる限りの分析である。
Type Local :紀要論文
Publisher :熊本大学文学部言語学研究室
URI :http://hdl.handle.net/2298/32003
Appears in Collections:Ariake : Kumamoto University linguistic papers
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/32003