HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
文学 >
ありあけ : 熊本大学言語学論集 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KG0003_077-132.pdf5490KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :ギス語動詞アクセント試論
著者 :湯川, 恭敏
刊行年月日 :2004-2-29
収録雑誌名 :ありあけ 熊本大学言語学論集
巻 :3
開始ページ :77
終了ページ :132
要約(Abstract) :ギス語(lúgísu)というのは、ウガンダの東端、ケニアとの国境に近い地域(エルゴン山の西側)に話されるバントゥ系言語の一つであり、ケニアの西端に話されるブクス語に類似している。ブクス語はルヤ諸語の一つなので、当然他のルヤ諸語ともやや類似している。今回の調査で収集したこの言語の動詞の、アクセントの点では極端にぶれるデータに基づく、そのアクセントの、現時点でできる限りの分析である。
収録種別 :紀要論文
出版社(者) :熊本大学文学部言語学研究室
URI :http://hdl.handle.net/2298/32003
出現コレクション:ありあけ : 熊本大学言語学論集
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/32003

 

熊本大学附属図書館電子情報担当