HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
文学 >
ありあけ : 熊本大学言語学論集 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KG0004_031-052.pdf2074KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :プヌ語動詞アクセント試論
著者 :湯川, 恭敏
刊行年月日 :2005-2-28
収録雑誌名 :ありあけ 熊本大学言語学論集
巻 :4
開始ページ :31
終了ページ :52
要約(Abstract) :プヌ語(yipúnu)というのは、アフリカのガボン共和国の南東部に話されるバントゥ系の一言語である。この言語の動詞アクセントの概略を分析する。
収録種別 :紀要論文
出版社(者) :熊本大学文学部言語学研究室
備考 :【著者注:ありあけ5号序言より抜粋】プヌ語語彙集編纂中に、動詞自体がアクセント対立を失っているとしたことが誤りで、少なくとも一部に対立があるらしいことに気づきました。しかし、その誤りを正しても、私の有するデータでは十分に正確な記述は不可能のようです。アクセントがブレすぎていて、どれを本来の形とするか確信を持っていえないのです。その国(ガボン)が幼少期からフランス語教育を行っていて、インフォーマントにとって母国の知識がやや稀薄になっていたことによるのかも知れません。従って、同論文は、形態論的記述を除き、十分に正確とはいえないものになっています。
URI :http://hdl.handle.net/2298/32022
出現コレクション:ありあけ : 熊本大学言語学論集
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/32022

 

熊本大学附属図書館電子情報担当