HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
法学 >
熊本法学 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KLaw0133_041-076.pdf946KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :少年司法における虐待被害
著者 :岡田, 行雄
刊行年月日 :2015-3-23
収録雑誌名 :熊本法学
巻 :133
開始ページ :41
終了ページ :76
要約(Abstract) :近時、虐待被害を受けた非行少年について、人間の脳に関する医学上の知見に基づき、新たな指摘がなされるようになった。そこで、本稿においては、こうした新たな指摘を踏まえて、改めて、家庭裁判所における家庭裁判所調査官による社会調査において、虐待被害についてどのような調査がなされるべきか、そして、少年が虐待被害を受けたことが明らかになった場合に、それが、少年審判や少年の刑事裁判において、どのように評価されるべきかについて、検討を加えることにしたい。これらの検討を通して、少年司法において虐待被害がどのように位置づけられるべきかを明らかにすることが本稿の課題である。
収録種別 :紀要論文
ISSN :04528204
出版社(者) :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/32422
出現コレクション:熊本法学
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/32422

 

熊本大学附属図書館電子情報担当